地方の生活コストは本当に安いのか? - FPが地方に移り住んで感じたこと 第41回 東京2020大会オリンピック観戦チケット争奪戦はまだ続く?

地方の生活コストは本当に安いのか? - FPが地方に移り住んで感じたこと 第41回 東京2020大会オリンピック観戦チケット争奪戦はまだ続く?
「東京は物価が高いので、生活費が高い」または、「地方は物価が安いので、生活費が東京に比べてあまりかからない」と世間でよく言われていることは、本当なのでしょうか。

連載コラム「地方の生活コストは本当に安いのか?」では、ファイナンシャル・プランナーの高鷲佐織が、実際に東京から地方へ移り住んで感じたことを交えながらお伝えいたします。
○東京2020大会オリンピック観戦チケットの抽選申込初日は大混雑

東京2020オリンピックの観戦チケットが、公式チケット販売サイトで2019年5月9日(木)午前10時からスタートしました。皆様は、チケットの抽選申し込みはされましたか?

私は抽選申し込み開始以前にIDは取得していたので、5月9日(木)の抽選申し込み開始初日でもスムーズに手続きできるだろうと甘く見ていました。

ニュースでも取り上げていましたが、公式チケット販売サイトを開くことができても、順番待ちをする「ウェイティングルーム」(待合室)に接続されてしまい、観戦したい競技やチケットの種類を選ぶことさえできませんでした。2時間ほど粘ってみたのですが、まったくつながらず初日の抽選申し込みは諦め、再度数日後に抽選申し込みを行い無事終了しました。

私と同じように、抽選申し込み初日にパソコンやスマートフォンの画面を見ながら悪戦苦闘されていた方も多かったのではないでしょうか?先着順ではなく、抽選であると知っていても、私のようにせっかちな方々が一気に公式チケット販売サイトにアクセスしてしまったのでしょう。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月12日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。