タフネスコンデジ「OLYMPUS Tough TG-6」登場、水中でもマクロ撮影

タフネスコンデジ「OLYMPUS Tough TG-6」登場、水中でもマクロ撮影
オリンパスは6月13日、コンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS Tough TG-6」を発表した。レッドとブラックの2色を用意し、7月下旬に発売する。価格はオープンで、推定市場価格は53,000円前後(税別)。

OLYMPUS Tough TG-6は、オリンパスのコンパクトデジタルカメラ「Tough」シリーズの最新モデル。IP68の防塵・防水性能、2.1mまでの耐衝撃性能、100kgまでの耐荷重性能、マイナス10度までの耐低温性能を備えた。ボディ各部にはシーリングを施し、電池蓋などの開閉部はダブルロック仕様。レンズ前面の保護ガラスを二重にした「ダブルガラス」によって、高い耐結露性能も有するという。

撮像センサーは、1/2.33インチ Hi-speed裏面照射型CMOSセンサーで、有効画素数は1,200万画素。イメージセンサーのシールガラス両面には、反射防止のためARコートを施し、ゴーストやフレアを抑制する。画像処理エンジンには「TruePic VIII」を搭載。レンズのF値は2.0で、焦点距離は4.5mm~18.0mm(35mm判換算で25mm~100mm相当)。

最短1cmから近接撮影が行えるバリアブルマクロシステムを搭載。4種類のマクロモードを用意した。顕微鏡モードでは、7倍の撮影倍率を活かし、肉眼では視認しにくい微細な被写体を撮影できるとしている。顕微鏡コントロールモードでは、ワンタッチで倍率を1倍 / 2 倍 / 4倍に切り替え可能。深度合成モードは、自動的に手前から奥までピントをずらして複数の写真を撮影し、ピントが合っている部分だけを抽出、合成する。フォーカスブラケットモードは、一回の撮影でピント位置を変えながら最大30枚の写真を撮影。花びらや昆虫の羽など、ピント位置を決めにくい被写体の撮影を補助する。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月13日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。