『仮面ライダービルド』の犬飼貴丈が挑む本格時代劇『GOZEN』- 武田航平との一騎討ちに「高岩さんをお呼びしたかった」

『仮面ライダービルド』の犬飼貴丈が挑む本格時代劇『GOZEN』- 武田航平との一騎討ちに「高岩さんをお呼びしたかった」
●石田監督の情熱的なアプローチに刺激
2019年7月5日より公開される映画『GOZEN -純恋の剣-』は、東映と東映ビデオによる「映画」と「舞台」の融合を狙った新プロジェクト「東映ムビ×ステ」のひとつとして製作された作品である。腕自慢の侍が己のプライドをかけて技を競い合う"御前試合"というシチュエーションを同じくしながらも、映画と舞台とで、それぞれに異なる人物を主役に置き、別種のドラマが展開するというこの企画。映画の中に舞台的なビジュアルを配置したり、映画で"脇"に控えていた人物が舞台で重要な役割を担ったりと、"世界"の違いを巧みに活かして予想外の広がりを持たせる意欲的な試みが多数行われている。

今回は、映画『GOZEN -純恋の剣-』で主演を務める犬飼貴丈に、初体験となる「時代劇」への思いや、剣を使った立ち回りの苦労話、そして『仮面ライダービルド』(2017年)以来の共演となる武田航平とのコンビネーションなど、興味深いお話をうかがった。犬飼貴丈ファン、そして『仮面ライダービルド』ファンの方たちには、ぜひじっくりと読み込んでいただきたいインタビューである。

――今回は、犬飼さんが『GOZEN -純恋の剣-』の試写をご覧になったタイミングでお話をうかがっています。完成した映画を観た直後の率直なご感想から聞かせてください。

まずはホッとしましたね。撮影している間は、自分が出ていない場面など想像がつかない部分がありましたから、通しで映画を観ることができて、しみじみと「完成したんだなあ」と感じることができました。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月14日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ウルトラマン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウルトラマン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ルパン3世」のニュース

次に読みたい関連記事「ルパン3世」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「仮面ライダーゴースト」のニュース

次に読みたい関連記事「仮面ライダーゴースト」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。