iPhoneは暗い場所のほうがバッテリーが長もちする? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

iPhoneは暗い場所のほうがバッテリーが長もちする? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
確かに、iPhoneは暗い場所で利用したほうがバッテリーが長もちする可能性があります。それは、暗い場所のほうがディスプレイの輝度が低くて済む(輝度が高いと眩しい)という単純な話で、輝度の設定次第では場所の明暗など関係ありませんから、暗い場所のほうが節電になるとはいえません。

とはいえ、ディスプレイの輝度設定をうまくコントロールすると、バッテリーの減りは大きく変わってきます。画面が明るすぎるな、もう少し暗くても問題ないな、と感じた場合はコントロールセンターを開き、ディスプレイ輝度を低めに手動設定しましょう。

いちいち輝度を変えるのが面倒という場合には、アクセシビリティ機能の「明るさの自動調節」を利用しましょう。『設定』→「一般」→「アクセシビリティ」→「ディスプレイ調整」の順に画面を開き、「明るさの自動調節」スイッチをオン(白→緑)にすればOKです。

これで、iPhoneが周囲の明るさを感知するようになり、明るい場所では高く、暗い場所では低くディスプレイ輝度が自動調整されます。「明るさの自動調節」をオンにしているときでも、コントロールセンターを利用して輝度を手動調整できますから、ムダに明るいと感じた場合はすぐに輝度を下げましょう。

なお、「明るさの自動調節」はiPhoneに搭載されている環境光センサーの機能を利用しています。環境光センサーは、iPhone表面の上部 -- iPhone X以降であれば切り欠け(ノッチ)にあるスピーカーの上側 -- にあるため、ノッチ部分を手などで覆うと周囲の明るさを感知できないため、明るさの自動調節も行われなくなります。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。