iPhone基本の「き」 第351回 iPhoneの「隠れた画面」で使いこなし度をアップ - マルチな検索機能の使い方

iPhone基本の「き」 第351回 iPhoneの「隠れた画面」で使いこなし度をアップ - マルチな検索機能の使い方
いつも見慣れたiPhoneのホーム画面。その上や横に"隠れた画面"があるのをご存知ですか? iPhoneの使いこなし度がアップする、小技の効いた機能が入ってますよ。今回は画面の上に隠れている「Siriを利用した検索機能」をご紹介します。

これは以前からあった「Spotlight」検索がリニューアルされたもので、検索候補の表示や、場所・時間に合わせたアプリの提案などを含め、Siriの予測機能を活用して幅広い検索ができるというものです。
○検索機能を表示させる方法

iPhoneのホーム画面(何枚目でもOK)を、真ん中あたりから下へ少し引き下げると検索画面が出てきます。これが「Siriを利用した検索機能」です。

○Siriを利用した検索機能の特徴

この検索機能では、iPhone上のアプリやWebサイトなどの他、各アプリの中にある情報もマルチに検索することができます。何かを探したい時、各アプリを開いてアプリ上の検索機能を使うのではなく、Siriを利用した検索機能で一度に横断検索することができるというわけです。
○入力しながら検索候補をどんどん出す

入力の途中に予測による検索結果がどんどん表示されます。検索ボタンを押す手間なく、最初の数文字を入力するだけで結果にたどり着けます。

○1つの単語でさまざまな項目を検索する

例えば「ズッキーニ」という単語を調べると、メールやメッセージ、メモに書かれた内容や、Webサイト、

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。