映像と演奏でオリンピックを楽しむ「オリンピックコンサート2019」開催

映像と演奏でオリンピックを楽しむ「オリンピックコンサート2019」開催
日本オリンピック委員会(JOC)は6月14日、東京国際フォーラムにて「オリンピックコンサート2019」を開催した。これはJOCが毎年開催している、オリンピック映像とオーケストラ演奏を融合させたコンサート。スポーツファンのみならず、普段スポーツやオリンピックに親しみのない人にも、オリンピックの価値や素晴らしさを実感してもらうことを目的にしている。

○映像と音楽で盛り上がる

プログラムは2部構成で、第1部は「1964 to 2016 輝き続けた夏の夢」、第2部は「2020へ、その先の未来へ、輝く夢に向かって!」となっていた。

第1部で演奏された曲目とともにコンサートの内容を紹介すると、まず今井光也作曲「オリンピック東京大会ファンファーレ」、古関裕而作曲「オリンピック・マーチ」が演奏された。大型スクリーンには1964年東京オリンピックにおいて柔道、体操男子、女子バレーボール、レスリング、重量挙げといった競技で日本人選手が次々に金メダルを獲得する映像。年配の来場者には56年前の興奮が蘇ったことだろう。

もちろん体操競技の選手は現代ほど激しく回転しないし、走り高跳びの選手も現代ほど高くまで飛び上がらない。若い来場者には、そうした違いが、逆に新鮮に映ったかも知れない。

続いて、ヴェルディ作曲 歌劇「運命の力」序曲、ジョン・ウィリアムズ作曲 映画「E.T.」から“地上の冒険”といった曲目が演奏された。ロサンゼルス、バルセロナ、アトランタあたりのオリンピックになると、40代の筆者にも懐かしさがこみ上げてくる。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月17日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。