NVIDIA、CUDAのArm対応を発表

NVIDIA、CUDAのArm対応を発表
NVIDIAは6月17日(独時間)、 NVIDIA CUDA-X AIやHPCライブラリ、GPUアクセラレーテッドAIフレームワーク、ならびにOpenACC対応のPGIコンパイラおよびプロファイラといった、ソフトウェア開発ツールを含む600以上のNVIDIAのAIおよびHPCソフトウェアのフルスタックを、2019年末までにArmのエコシステムで利用できるようにすることを発表した。

NVIDIAによる、ArmをベースとしたHPCシステムへの対応は、10年以上にわたる両社の連携を通じて実現されたもので、これらのスタックの最適化が完了すると、NVIDIAのGPUはx86、POWER、Armといったすべての主要CPUアーキテクチャのアクセラレーションが可能になるとNVIDIAでは説明している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月17日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ファーウェイ」のニュース

次に読みたい関連記事「ファーウェイ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「インテル」のニュース

次に読みたい関連記事「インテル」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。