パナソニック、ドルビーアトモスとDTS:X対応のサウンドバー

パナソニック、ドルビーアトモスとDTS:X対応のサウンドバー
パナソニックから、ドルビーアトモスとDTS:Xというオブジェクトベースの立体音響技術に対応するシアターバーの上位モデル、「SC-HTB900」が7月19日に発売されます。価格はオープンですが100,000円前後の売価が見込まれます。

本体は、横幅約1.05mのサウンドバーと、デジタル無線ワイヤレス接続のサブウーファーで構成されるシステムです。サウンドバーにはフロント左右用として、6.5cmのウーファー×2基と1.6cmのトゥイーター×1基、そしてセンターチャンネル専用に6.5chのフルレンジユニット×1基を載せています。

スピーカーはパナソニックのHiFiオーディオブランドであるテクニクスのエンジニアが音のチューニングに関わっているほか、テクニクスの高級オーディオも採用している独自開発のフルデジタルアンプ「JENO Engine」を搭載。ノイズや歪みのない高解像なサウンドを再現できるのが特長です。本体の左側にパナソニック、右側にテクニクスのブランドロゴを配置して、両ブランドの協力によって完成した製品であることを示しています。

上述のように、オブジェクトベースの立体音響技術として、ドルビーアトモスとDTS:Xに対応。UHD BDプレーヤーと組み合わせれば、最近勢いよく増えている各フォーマット対応のUltra HD Blu-rayディスク作品に収録された、立体サラウンド音声による視聴が楽しめます。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月18日のIT記事
「パナソニック、ドルビーアトモスとDTS:X対応のサウンドバー」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    …TVなしでプロジェクターとリンクするサウンドバーが、未だに存在しないのも、メーカーの怠慢。

    0
  • 匿名さん 通報

    「美しい日本」とかえっらそうに本まで書いている安倍晋三が性犯罪者を擁護。日本を腐った国にした安倍晋三。

    0
  • 匿名さん 通報

    23:00 成長という漢字すら書けない安倍晋三だから阿呆のゴーストライターに頼んだんだろうがな!

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。