トヨタの新型「スープラ」に試乗! あえて注目した4気筒モデルの走り

トヨタの新型「スープラ」に試乗! あえて注目した4気筒モデルの走り
●「スープラ」全3グレードに修善寺でイッキ乗り!
トヨタ自動車が復活させた往年の名車「スープラ」。伝統にのっとって選ぶならば、過去のモデルと同じ「直列6気筒エンジン」を積むグレード「RZ」で決まりなのだが、そういったバイアスが掛かっていない人たちには、是非とも「直列4気筒エンジン」搭載グレードにも目を向けてほしいところだ。

○興味を引かれたエントリーモデルの完成度

トヨタは2019年5月17日、「Supra is Back.」を旗印に、ファンが待ち焦がれていた新型スポーツカー「スープラ」の販売をついに開始した。エンジンやシャシーを独BMWとの協業で開発した点や、生産をオーストリアのマグナ・シュタイヤー社グラーツ工場で行う点など、トヨタが新たな取り組みに挑戦した意欲作だ。さらに、「直列6気筒(直6)エンジン+FR(フロントエンジン・リアドライブ)レイアウト」という伝統にのっとったモデルだけでなく、直列4気筒(直4)エンジン搭載モデルが新たにラインアップされたことなど、興味は尽きない。

当然、直6エンジンを積む「RZ」というグレード(690万円)には、最新のスポーツカーづくりに関するトヨタの全技術が詰め込まれている。このクルマが最高のパフォーマンスを発揮してくれるであろうことは、誰にとっても想像に難くないだろう。しかし、筆者が気になったのはもう一方の直4搭載モデル、つまり、590万円の「SZ-R」と490万円の「SZ」だ。中でも、最もベーシックな「SZ」の出来栄えについては、大いに興味を感じた。そんな視点を持ちつつ、伊豆・修善寺で行われた新型スープラの試乗会に参加し、3グレード全てを乗り比べてきた。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月20日の社会記事
「トヨタの新型「スープラ」に試乗! あえて注目した4気筒モデルの走り」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    どんなデザイナーをいくらで雇ったらこんなダサいデザインになるのか凄く興味がある。

    3
  • 匿名さん 通報

    この価格設定が不思議。この性能程度なら半額でも高いと思う。

    3
  • 匿名さん 通報

    トヨタ車に「L」マーク付けたら価格が倍くらいになるよね。あれは買う方がバカだと思う。

    2
  • 匿名さん 通報

    C-HRにLマーク付けたら500万になるw ドヤ顔して乗ってるけど、アホ丸出しだな。

    2
  • 匿名さん 通報

    トヨタ車って全体的に価格が高いのなんで?

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。