日本マイクロソフトとソフトバンクが提携 - Microsoft Teamsで固定電話が使える「UniTalk」サービス

日本マイクロソフトとソフトバンクが提携 - Microsoft Teamsで固定電話が使える「UniTalk」サービス
日本マイクロソフトおよびソフトバンクは2019年6月17日、都内で記者発表会を開催し、Microsoft Teams用音声通話サービス「UniTalk」を8月1日から提供することを明らかにした。基本的には法人向けサービスだが、Office 365の企業向けコミュニケーションツールであるMicrosoft Teamsを拡張するサービスとして、その概要をお伝えしたい。

企業に勤めている読者諸氏の大半は、「03」「06」などから始まる固定電話の番号が名刺に印刷されていることだろう。一方で、スマートフォン以前の携帯電話が普及し始めたころ、名刺から固定電話番号を削除し、携帯電話番号だけを印刷するフリーランサーが増えた覚えもある。筆者は今も固定電話を残しているが、とある年配の担当者から「やっぱり固定電話でないと」という意味合いの褒められ方をした。

だが、現在では固定電話を仕事で使う場面は皆無に近く、最近はメールの署名に「電話は極力避けてほしい」旨の一文を追加している。世間では働き方改革という文脈のもと、場所を問わないワークスタイルとして、社内ではフリーアドレス、社外ではリモートワークが広まってきた。このような社会背景をもとに、日本マイクロソフトとソフトバンクは戦略的パートナーシップを終結し、UniTalkの提供に至ったのだろう。

まずは、UniTalkのサービス概要を説明したい。Microsoft 365 F1/E3/E5、もしくはOffice 365 F1/E1/E3/E5ライセンス契約ユーザーを対象に、通話管理とPBX(Private Branch Exchange:企業内電話交換機)機能を実現するソフトバンクの「Phone System」、そしてUniTalk専用Microsoftライセンスとなる「SoftBank Calling for Office 365」を組み合わせた形だ。簡単にいえば、Microsoft Teamsのユーザーが固定電話番号(0AB-J番号)を持ち、PCや

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月17日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。