上場企業の時給ランキング発表 時給8,000円超の1位はキーエンス

記事まとめ

  • オープンワークは「上場企業の時給ランキング2019」を明らかにした。
  • 同調査は上場企業2179社を対象に、有価証券報告書とOpenWorkに投稿された残業時間データをもとに算出。
  • 時給ランキングの1位はキーエンスの8,037円、2位は三菱商事の7,035円、3位は三井物産の6,634円となった。

上場企業の時給ランキング、時給8,000円超の1位は? - 3位は三井物産

上場企業の時給ランキング、時給8,000円超の1位は? - 3位は三井物産
オープンワークはこのほど、「上場企業の時給ランキング2019」を明らかにした。同調査は2016年1月~2019年5月の期間、上場企業2179社を対象に、有価証券報告書とOpenWorkに投稿された残業時間データをもとに算出した。

「時給」は、有価証券報告書による平均年収を、各社の標準労働時間および OpenWork に投稿されている平均残業時間(月間)から算出した年間勤務時間で割った金額となる。企業による公開情報だけでは知ることが難しい残業時間も含めた労働時間による「時給」を算出した。

時給ランキングの1位は、工場の自動化に必要な各種センサ、測定機器等の開発から製造、販売までを行う「キーエンス」(時給は8,037円)だった。平均年収は2,089万円。平均残業時間は61.5時間と少なくないが、数社の総合商社を押さえて唯一時給8,000円台を突破した。

2位は「三菱商事」の7,035円(平均年収1,541万円)、3位は「三井物産」の6,634円(平均年収1,420万円)、4位は「伊藤忠商事」の6,478円(平均年収1,461万円)、5位は「三菱地所」の6,055円(平均年収1,229万円)、6位は「丸紅」の5,993円(平均年収1,322万円)、7位は「住友商事」の5,960円(平均年収1,304万円)だった。

上位10位以内には、総合商社が5社ランクインしている。また、上位15社の時給はすべて5,000円を超え、平均時給は5,363円だった。この額は、引き上げられた東京都の最低賃金(985円)の約5.4倍に相当する。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月18日の社会記事
「上場企業の時給ランキング、時給8,000円超の1位は? - 3位は三井物産」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    でも、この辺りの企業の人と結婚はしたくないようだな。もう少し低くても労働時間が短く安定していれば・・・が第一条件の模様。何より元気に仕事が出来て、過労でうつとかにはなってほしくない。という事だろう。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら