椎名桔平が語る「役者の特権」と「イノセントな瞬間」

椎名桔平が語る「役者の特権」と「イノセントな瞬間」
6月23日よりWOWOWプライムにてスタートする『連続ドラマW 神の手』(毎週日曜22:00~ 全5話 1話のみ無料放送)で主演を務める椎名桔平にインタビュー。原作は、現役医師でベストセラー作家でもある久坂部羊の同名小説で「安楽死事件」をきっかけに、医学界のみならず、政界やマスコミ、臣民団体をも巻き込んだ大騒動を描く社会派医療サスペンス。椎名が演じるのは、苦渋の選択で若い末期がん患者を安楽死させ、渦中の人物となる外科医・白川泰生。連続ドラマW『メガバンク最終決戦』や『不発弾 ~ブラックマネーを操る男~』でも主演を務め、2015年にNHKで放送された衝撃の医療ドラマ『破裂』以来、久坂部作品としては2度目の主演となる椎名に、久坂部ワールドならではの役作りや、本作の現場で感じた「イノセント」な瞬間、役と向き合って感じた「死生観」について聞いた。

――脚本を読んだ印象は?

「安楽死問題」には答えがないからこそ、すごく難しいテーマだと思います。最初にある事件が起きて、僕が演じる医師の白川は激流に飲み込まれていく。でも、主人公が溺れるか溺れないかのところで、模索しながら、あがきながら生きていくっていうのは、すごく人間ぽいなぁとも感じていて。そこがちゃんと表現できれば、成立するんじゃないかって思いましたね。

――『破裂』に続き『神の手』は椎名さんにとって2度目の久坂部作品になりますね。

個人的なエピソードから始まって、最終的には社会を巻き込むような論争になっていくのが久坂部ワールドの特徴でもあるんですが、あくまでも「答えは自分たちで探してね」っていう作風であることは、既に体感してますからね。最終的に「是か非か」っていうところに行きつく必要がないわけですよ。これから来るべき社会に向けて、こういった作品を通して自分なりの思いを見つめてみようと。僕自身はそんな風に捉えて演じています。

あわせて読みたい

椎名桔平のプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月21日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「椎名桔平 + ドラマ」のおすすめ記事

「椎名桔平 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「椎名桔平 + 映画」のおすすめ記事

「椎名桔平 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「佐藤浩市」のニュース

次に読みたい関連記事「佐藤浩市」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。