先週のサイバー事件簿 - イオン銀行に攻撃、クレカ不正利用も

先週のサイバー事件簿 - イオン銀行に攻撃、クレカ不正利用も
6月10日週にかけて発生したセキュリティに関する出来事や、サイバー事件をダイジェストでお届け。

○イオン銀行、クレジットカード情報の一部が流出

イオン銀行は6月13日、会員向けインターネットサービス「暮らしのマネーサイト」とスマートフォンアプリ「イオンウォレット」において、なりすましによる不正ログインがあったことを公開した。

不正ログインは、外部で不正入手したIDとパスワードを使ったものと見られ、2019年5月28日から6月3日までの期間に発生。期間中、1,917名の会員が不正ログインされた可能性があるという。閲覧された可能性のある情報は以下の通り。

■カード会員情報
氏名(姓名 / フリガナ / ローマ字)、住所、電話番号、生年月日、性別、勤務先、年収、メールアドレス

■クレジットカード情報
請求金額、利用明細、利用可能枠、支払口座情報の一部、クレジットカード情報の一部(下4ケタ)

■暮らしのマネーサイトにイオン銀行口座を登録しているカード会員情報
口座番号上4ケタ、預金種別(普通預金 / 定期預金 / 積立式定期預金)、預金残高(普通預金 / 定期預金 / 積立式定期預金)、支店名、契約者ID上5ケタ

このうち、一部会員情報は登録電話番号が改ざんされており、スマートフォン決済アプリの登録と認証に悪用された。クレジットカードを不正に利用された会員数は708名、不正利用金額は22,044,816円にのぼる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月18日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「セキュリティ」のニュース

次に読みたい関連記事「セキュリティ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。