「テレビ朝日新人シナリオ大賞」宮原久実さんが大賞受賞

「テレビ朝日新人シナリオ大賞」宮原久実さんが大賞受賞
「第19回テレビ朝日新人シナリオ大賞」の授賞式が19日、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、大賞作品が発表された。

今回は、作品のテーマを「初恋」「最後の恋」「初恋&最後の恋」のいずれかとし、「テレビドラマ部門」「オリジナル配信ドラマ部門」の2部門で募集。計1,236編の応募があり、5月31日に井上由美子、岡田惠和、両沢和幸の選考委員3氏による最終選考会の結果、宮原久実さん(29)の『狂いゆく美』が大賞(賞金500万円)を受賞した。

宮原さんは「まさか大賞をいただけるとは思っていなかったので、ちょっと実感がないのですが、とてもうれしいです」と感無量。「審査員の先生方のドラマが大好きで、『ビーチボーイズ 』『きらきらひかる』『お金がない!』など、再放送のたびに何度も見ていました。そんな先生方に自分が書いたものを読んでいただき、光栄に思います」とも。

そして「今まで報われたことがなくて、書くことをもう辞めようと思っていた」と明かし、「そんな折に賞をいただきました。報われなくても、書き続けていこうと思いました」と語り、「受賞をまずは父に伝えたいです。『シナリオのスクールに通いたい』と言ったら猛反対されたので、密かに通っていました。やっと報告ができます」と笑顔を見せた。

井上氏は「今年は例年より接戦でした」と振り返り、テーマを設定したことについて「ラブストーリーなんて書きたくないと思っている人が、このお題によってラブストーリーの面白さに気づいてくれれば」と話した。続けて、「私自身、ホームドラマを書きたくて、自分の作品の中で人が死ぬ話は書きたくないと思っていました。しかし今は『緊急取調室』で、とても楽しく殺人事件の話を書いています」と笑いを誘った。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。