パナソニックなど、先進技術を活用したワークプレイス「TENNOZ Rim」を開設

パナソニックなど、先進技術を活用したワークプレイス「TENNOZ Rim」を開設
パナソニック、三菱地所レジデンス、寺田倉庫の3社は6月19日、パナソニックが保有する東京・天王洲の2013年に遊休化した「旧 パナソニック東品川ビル2号館」を3社共創によって、パナソニックの有する先進技術を活用する形で天王洲運河エリアの活性化を目的としたコワーキングスペースや次世代オフィスラボ、リハーサルスタジオなどを備えた複合施設「TENNOZ Rim」としてリノベーションを行ったことを発表した。

TENNOZ Rimは、三菱地所レジデンスが運営する「コワーキングスペース」、パナソニック運営の「次世代オフィスラボ」。寺田倉庫運営の「リハーサルスタジオ」で構成されており、コワーキングスペースにはパナソニックの最新照明技術やナノイー発生装置内蔵空調、バイオリフィックデザイン「COMORE BIZ」などが設置されているほか、次世代オフィスラボでは、コワーキングスペースの運営から得られたセンサ情報の蓄積と分析を行い、そこから得た知見などを活用した次世代オフィスソリューションの開発を行っていく計画としている。

TENNOZ Rimの延べ床面積は1343.71m2で、そのうちコワーキングスペースが469m2(93席)、都内最大級と寺田倉庫が語るリハーサルスタジオが474m2、そしてコワーキングスペースで得られた各種のデータの分析などを新たなソリューションへと展開していくことを目的とした次世代オフィスラボが46m2となっているほか、入り口を入ってすぐの交流ラウンジ「CIRC LOUNGE(サークラウンジ)」が89m2、サークラウンジ奥に設置される予定のマルチ・コミュニティ・スペース「KIT+EN(キテン)」が224m2となっている。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月20日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。