相鉄「インバウンドツアー」第2弾、事業用車モヤ700系の運転に挑戦

相鉄「インバウンドツアー」第2弾、事業用車モヤ700系の運転に挑戦
相模鉄道は19日、「インバウンドツアー 相模鉄道職業体験会」の第2弾となる電車運転体験会を厚木操車場(神奈川県海老名市)で実施した。

6月6日に行われた第1弾では、横浜駅構内で米国の学生たちが駅係員の業務を体験した。今回は米国・ニューヨークのハイスクールを中心とした学生たちが、厚木操車場で電車の運転士・車掌の業務を体験。好奇心と驚きに満ちた表情を見せた。
○■モヤ700系の運転体験、操作に難しさも

まずは相模鉄道の蛯原信也調査役が概要を英語で説明。「鉄道で一番大事なことは何ですか?」と問うと、学生たちから「安全!」との反応が勢いよく返ってきた。

説明が終わると、学生たちはモヤ700系の車内で運転体験を行う。モヤ700系は相模鉄道の車両7000系を改造し、2006(平成18)年8月に登場。計4両を2両1編成で運用し、普段は事業用車として、電車基地内の入換や架線観測作業、万が一の際の事故復旧車両などで活躍しているという。なお、運転体験を行うにあたり、線路閉鎖が行われた。

モヤ700系はいまのワンハンドルマスコンの車両とは違い、マスコンとブレーキが別々のハンドルであり、左手と右手で別々の操作を行わなければならない。運転のしくみに関する説明を受けた後、指導運転士の補助の下、学生たちが実際に運転を体験する。

厚木操車場内のJR相模線に沿った場所で、学生の運転するモヤ700系が北側から南側へ200mほど前進する。その後は本職の運転士により、元の位置に戻される。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月20日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。