「コロッケ・ミミックトーキョー」でものまね名人芸に感激

「コロッケ・ミミックトーキョー」でものまね名人芸に感激
昭和、平成、令和と、時代ごとに常に新しい人気者が誕生しているお笑いネタが「ものまね」。最近では、和田アキ子のものまねが激似の「Mr.シャチホコ」などが人気だ。そんな人気ものまねタレントも輩出している、ものまねを中心としたエンターテイメントを楽しめる「CROKET MIMIC TOKYO(コロッケ・ミミックトーキョー)」がリニューアルオープン。6月18日に行われたメディア向けの内覧会・記者発表会に行ってきた。

○コロッケがプロデュースするエンタメシアター

「CROKET MIMIC TOKYO」は、2016年1月にオープンしたものまねタレントのコロッケのプロデュースによる「ものまねエンタテインメントライブシアター」。コロッケが自ら選んだものまね芸人やパフォーマーたちが繰り広げる本格的なエンターテイメントショーで好評を得ていたが、よりライヴ感を味わうことができるお客さん参加型のエンターテイメントを提供する店へとブラッシュアップ。この度、麻布十番から六本木へ移転して、6月20日にリニューアルオープンとなった。

この日は、多くの関係者、取材陣が集まる中、コロッケがステージに登場した。新店舗は以前に比べると規模が縮小したとのことで「麻布十番のお店は広すぎて、従業員の方が人数が多かったんです。今の時代、隠してもすぐわかっちゃうから言います。ぶっちゃけ赤字でした(笑)」と、いきなり赤裸々なトークで笑わせた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月20日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。