立ち食いそば散歩 第160回 武蔵小山「名代富士そば」で味わう、期間限定「淡麗煮干し汁 肉つけ蕎麦」

立ち食いそば散歩 第160回 武蔵小山「名代富士そば」で味わう、期間限定「淡麗煮干し汁 肉つけ蕎麦」
今回の一杯は、言わずと知れた「富士そば」である。東京のどこに行ってもある(気がする)安心感、そして店内に流れる演歌のBGMは、初訪問でも懐かしささえ感じる。正式名称は「名代富士そば」。「名代」は「なだい」と読む。「なしろ」でも「みょうだい」でも「めいだい」でもない。富士そばは、第91回に六本木店を紹介している。しかしこの度、富士そばで一変わった限定メニューを頂けるとの情報があり、たまらずに向かったのは武蔵小山店である。

○昼前の穏やかな店内で限定メニューを待つ

東急目黒線「武蔵小山」駅の東口から徒歩2分。アーケード商店街を入り、右手側の店舗に並ぶ。訪問は、平日の10時過ぎ。週末は人で埋め尽くされるこの通りも、この時間はやや閑散としている。

さて、肝心の限定メニューだが「淡麗煮干しつけ蕎麦」と「淡麗煮干し汁 肉つけ蕎麦」だ。「煮干しラーメン」にはかねてから定評のあった富士そばだが、今回のメニューは、立ち食いそばファン界の大先輩、東京ソバット団の本橋氏協力の元で開発されたとのことで、くわしい経緯は公式サイトからのリンクで読むことができる。注文したのは肉つけ蕎麦の方。お値段は590円。

店内に先客はなく、いつものBGMも控えめで静かだ。楕円形を半分に切ったような形のテーブルの周りに固定スツールが並ぶ。正面に厨房、受取口があり、こちらで食券を。「そばで?」と聞かれたので、うどんでもいけるようだ。
○グランドメニューと遜色のない安定感ある一杯

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月24日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。