「Sign In with Apple」はプライバシーを変えていくのか? - sophos naked security

「Sign In with Apple」はプライバシーを変えていくのか? - sophos naked security
この一年でどれだけのWebサイトに登録しただろう?1つ、2つと数えられる人はいないのではないか。登録のために、メールアドレスとパスワードを用意しなければならず、パスワードが求める要件は数字やエクスクラメーションなどの記号を入れなければならないこともある。作成後はこれをパスワードマネージャーのような機能を使って管理しなければならない。そして、サイトのマーケティングチームから洪水のように押し寄せるメールをせっせと削除することになると日常のパスワード管理を紹介しているのはSophos Naked securityのauthorであるDanny Bradbury氏。1989年から20年にわたる執筆実績のあるテクノロジージャーナリストだ。

Appleが6月3日から7日まで米カリフォルニア州で開催した年次イベント「World Wide Developers Conference (WWDC)」では、驚くようなニュースがたくさん出てきたがその1つが、プライバシーを保護した形でアプリとWebサイトにサインインをうたう"Sign In with Apple"であると注目を述べている。ファイルシステムや暗号化など基調講演では取り上げられなかったセキュリティに関する話題も多いなか同氏が注目したのは、この認証の枠組みだ。Sign In with Appleの解説を行っている。

GoogleFacebookが提供するシングルサインオンの便利さは広く浸透しているがSign In with AppleはこれらのサービスのAppleバージョンで、プライバシーの尊重が差別化となる。Sign In with AppleをサポートするWebサイトやモバイルアプリを利用して、デバイスの認証(FaceIDやTouchID)によりアカウントを登録、FacebookやGoogleのソーシャルサインイン機能と同じように単一のボタンでアカウントを作成でき、Appleがユーザーのプロキシとなりログイン情報を管理してくれるというもの。ユーザーに関するデータをサードパーティアプリに送ることはなく、ランダムに作成して管理してくれる電子メールを利用するオプションも提供する。アプリがそのメールアドレスにメールを送るとAppleがそれを転送してくれ、そのメールアドレスを削除することもできる。Appleは昨年12月にSafariのプレビューでGoogle、FacebookのOAuth 2.0とは異なるFIDO 2のサポートを行っており、これが技術土台にあるようだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月20日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「マーケティング」のニュース

次に読みたい関連記事「マーケティング」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら