『サイン』『ボイス』『TWO WEEKS』夏ドラマに韓国原作が集中する理由

『サイン』『ボイス』『TWO WEEKS』夏ドラマに韓国原作が集中する理由
4月スタートの春ドラマが次々に最終回を迎え、7月からは夏ドラマが始まる。さまざまな作品がラインナップされている中、大森南朋主演『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』(7月11日スタート、テレビ朝日系 毎週木曜21:00~)、唐沢寿明主演『ボイス 110緊急指令室』(同13日スタート、日本テレビ系 毎週土曜22:00~)、三浦春馬主演『TWO WEEKS』(同16日スタート、カンテレ・フジテレビ系 毎週火曜21:00~)の3本には、ある共通点がある。

それは、いずれも韓国ドラマが原作のリメイクであるということ。しかしなぜ、今回の夏ドラマに集中しているのか。その理由を、海外事情に詳しいテレビ業界ジャーナリストの長谷川朋子氏が探る――。

○■国内競争激化でジャンル混在

今クール以前にも、最近は山崎賢人主演の『グッド・ドクター』(18年、フジ)、坂口健太郎主演の『シグナル 長期未解決事件捜査班』(18年、カンテレ)、『ごめん、愛してる』(17年、TBS)、『追憶』(18年、フジテレビNEXT)と、韓国ドラマのリメイク作品が続いている。

ドラマに限らず映画でも、記憶に新しいところで篠原涼子主演『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(18年)、公開が控えているものでは吉岡里帆主演『見えない目撃者』(9月20日公開)が韓国のリメイク。さらに舞台でも、ポン・ジュノ監督映画『殺人の追憶』を原作にした、藤田玲主演『私に会いに来て』(9月公演)が予定されている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 大森南朋 ドラマ
  2. 大森南朋 映画
マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月24日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「大森南朋 + ドラマ」のおすすめ記事

「大森南朋 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「大森南朋 + 映画」のおすすめ記事

「大森南朋 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「間宮祥太朗」のニュース

次に読みたい関連記事「間宮祥太朗」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。