ついに打ち上げ! スペースXの宇宙インターネット「スターリンク」

ついに打ち上げ! スペースXの宇宙インターネット「スターリンク」
●1万2000機もの先進的な衛星で、全世界にインターネットよ届け!
米宇宙企業スペースXは2019年5月24日、宇宙インターネット「スターリンク(Starlink)」を構成する、最初の衛星60機の打ち上げに成功した。

同社は今後も打ち上げを重ね、約1万2000機もの衛星を地球を覆うように配備し、全世界にブロードバンド・インターネットを提供することを目指す。

さらに、同じ目的に向けて、他社の動きも加速している。

○スターリンクとは?

スターリンク(Starlink)はスペースXの宇宙インターネット計画で、地球の低軌道に大量の小型衛星を打ち上げ、地球を覆うように配備し、地上と衛星、そして衛星と衛星間で高速通信を行うことで、全世界にブロードバンド・インターネットを提供することを目指している。

配備する衛星の数は最終的に約1万2000機にもなる予定で、これは「スプートニク」以来、これまで人類が打ち上げてきた人工衛星の総数よりも多い。

この地球低軌道に多数の衛星を配備するというのは、スターリンクをはじめ、すべての宇宙インターネット計画の特徴であり、かなめとなるものである。

いわゆる通信・放送衛星というと、赤道上空3万5800kmにある静止軌道に置くのが一般的となっている。しかし、衛星中継(やそれをネタにしたコント)でもおなじみなように、3万5800kmも離れた衛星を通信をやり取りしようとすると、いかに電波といえどもタイムラグが発生してしまう。そこで、高度数百kmの低軌道に衛星を置くことでこれを解決するとともに、場合によっては地上の回線よりも高速になる。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月21日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。