『GOZEN』キャストによる仁義なきトークバトル! 仮面ライダービルド犬飼貴丈とグリス武田航平の"舌戦"も快調

『GOZEN』キャストによる仁義なきトークバトル! 仮面ライダービルド犬飼貴丈とグリス武田航平の"舌戦"も快調
「映画」と「演劇」の融合を目指し、東映と東映ビデオが立ちあげた新企画「東映ムビ×ステ」の第1弾、映画『GOZEN -純恋の剣-』の完成披露上映会が17日、東京・新宿バルト9にて催された。ステージには主演の犬飼貴丈とヒロイン・優希美青をはじめ、劇中で互いに激しい戦いを繰り広げる"御前試合"に参加した武芸者を演じる俳優たちが勢ぞろいし、映画『GOZEN -純恋の剣-』とこれに続く舞台『GOZEN -狂乱の剣-』(9月上演)にかける意気込みを交えた"トーク対決"をにぎやかに展開した。

『GOZEN』=御前試合とは、武家時代に殿様の面前で行った武術試合のこと。各地から参加した武術の手練れ、腕自慢が集まるこの試合はトーナメント(勝ち残り)方式で進められ、勝利した者には最高の栄誉が与えられると共に、藩の剣術指南役という破格の好待遇までついてくる。今回の「東映ムビ×ステ」第1弾の題材に選ばれたのは"時代劇"という伝統的なジャンル。御前試合に臨む8人の男たちそれぞれの秘めた思いが、いくつものドラマを生み出していく。

映画『GOZEN -純恋の剣-』では、幕府の隠密として極秘任務にあたっていた「青山凛ノ介」にスポットをあて、"使命"と"恋"との狭間で思い悩むさまや、凄腕の武芸者たちと渡り合う"御前試合"に出場する経緯などが細やかに描かれる。そして、映画の後を受けた舞台『GOZEN -狂乱の剣-』では、凛ノ介と同じく"御前試合"に出場した他の人物たちのドラマが深く掘り下げられていく。「映画」と「演劇」といった異なる2つのエンターテインメントが互いに連動し、メディアの境界線を行き来することにより、これまでにない新しい感覚が呼び覚まされ、極上の娯楽体験が生まれるというわけである。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「仮面ライダー + 映画」のおすすめ記事

「仮面ライダー + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ウルトラマン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウルトラマン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トランスフォーマー」のニュース

次に読みたい関連記事「トランスフォーマー」のニュースをもっと見る

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月21日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

  1. 仮面ライダー 映画

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。