「LUMIX S1R」レビュー(後編)、圧巻の高画質に惚れ込むカメラ

「LUMIX S1R」レビュー(後編)、圧巻の高画質に惚れ込むカメラ
カメラグランプリ2019」で見事に大賞を受賞した、パナソニックのフルサイズミラーレス「LUMIX S1R」(DC-S1R)のレビュー後編をお送りします。今回は気になる使い勝手と惚れ惚れするほどの写りについてチェックしていきたいと思います。

○ボディは大柄だが、操作性やレスポンスは上々

LUMIX S1Rは、有効4730万画素の高画素CMOSセンサーを搭載するフルサイズミラーレス。画素数や価格帯を考慮すると、ライバルはソニーの「α7R III」やニコンの「Z 7」となります。

これらのライバルと比べると、LUMIX S1Rのボディはフルサイズ一眼レフ並みに大きく重いのが特徴です。「ミラーレスなのに、なんでこんなに大きく重いのか」と感じる人もいるでしょうし、「これぐらいの大きさや重さがないとカメラが安定せず、写真を撮った気にならない」という人もいるでしょう。この点は、好みの分かれるところかと思います。

とはいえ、ボディサイズが大きい分、ボタンやレバーなどの操作部材は余裕を持ってレイアウトされており、しかもシンプルに単機能としています。他社のカメラから乗り換えても、すぐに操作になじめると思います。実際、私もこのカメラを持って1日あちこち歩き回りましたが、すぐに操作に慣れました。

レスポンスのよさも、このカメラの特筆すべき部分だと感じます。電子ビューファインダー(EVF)は576万ドットと超高精細なうえ、120fpsの高いフレームレートで被写体の動きを見逃さずに済みます。さらに、実際の被写体の動きとEVFの表示はタイムラグがほとんどないことにも驚かされます。昨今の最新ミラーレスはどれもタイムラグが少なくなっていますが、LUMIX S1Rは圧倒的だと感じました。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月26日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。