山本美月、顔の大きさは「豆腐一丁」 『ザ・ファブル』の監督&共演者明かす

記事まとめ

  • 山本美月が『ザ・ファブル』の舞台挨拶に登壇し、顔の小ささが話題に上がった。
  • 江口カン監督は変顔の演技指導で山本の顔に触れたといい、「骨格が小さすぎた」と振り返った。
  • 岡田准一は「豆腐一丁くらい」と表現し、山本は「豆腐って! もっとかわいいものにしてほしい」と抗議していた。

山本美月、深めのスリットで美脚チラリ! 顔の大きさは「豆腐一丁」

山本美月、深めのスリットで美脚チラリ! 顔の大きさは「豆腐一丁」
映画『ザ・ファブル』(6月21日公開)の公開記念舞台挨拶が22日に都内で行われ、岡田准一木村文乃山本美月福士蒼汰、柳楽弥、向井理安田顕佐藤浩市、宮川大輔、江口カン監督が登場した。

同作は南勝久による人気漫画を映画化。圧倒的な強さと的確な手腕で狙った相手を6秒以内で必ず仕留める「天才的な殺し屋」として裏社会で恐れられる通称“ファブル”(岡田)が「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人・佐藤アキラとして普通の生活を送ること」を命令され、日常世界で暮らさなければならなくなる

首元まで隠された上品なワンピースで登場した山本だが、実はスカートの右側に大きくスリットが入っており、時折現れる美脚で客席を魅了。共演した柳楽について「役がすごい激しいんですけど、カットがかかった瞬間めちゃくちゃ優しいんですよ。切り替えがすごくてハッとします」と紹介する。

山本が「カーディガンを脱がすシーンで、脱がせたあと、すごい優しい」と柳楽の様子を明かすと、岡田は「すごいエロいコメント。そこだけテレビで使われたらやばいよ」と驚いた様子に。山本は「照れ混じりのところがすごい優しい」と語り、岡田も柳楽について「僕も、耳にナイフをつきつけられる時、なめまわすようにやった後『大丈夫ですか、大丈夫ですか? あたってないですか? ってすごい優しかった」と納得していた。

また江口監督が「山本美月さんの変顔のシーンで ここまでやってくださいという指示で顔を触ったら、骨格が小さすぎた」と振り返ると、岡田も「スーパーに行って豆腐買ってください。あれくらいの大きさですから。豆腐一丁くらい」と説明。山本は「豆腐って! もっとかわいいものにしてほしい」と抗議していた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 山本美月 Instagram
  2. 山本美月 ドラマ
  3. 山本美月 映画
マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月22日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「山本美月 + 映画」のおすすめ記事

「山本美月 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「山本美月 + ドラマ」のおすすめ記事

「山本美月 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「中川翔子」のニュース

次に読みたい関連記事「中川翔子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。