岡田健史、地元ドラマで初主演「本当に幸せ」 野球で培った観察力を生かす

岡田健史、地元ドラマで初主演「本当に幸せ」 野球で培った観察力を生かす
ドラマ『中学聖日記』(TBS)で、教師と禁断の恋に落ちる生徒役で大ブレイクした岡田健史。待望の初主演ドラマは、岡田の地元・福岡県をフィーチャーしたFBS福岡放送の開局50周年スペシャルドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』(7月19日19:00~)だ。5月12日で20歳になったばかりの岡田を直撃。彼は、物怖じしない真っ直ぐな目で、初主演ドラマの感想と、野球での学び、令和の目標について語ってくれた。

原作は新島秋一の同名コミックで、岡田が演じるのは、幼少期に博多に住んでいたが、今は東京で暮らす男子高校生、その名も東京(あずまみやこ)。ある日、京は、博多から転校してきた幼なじみ・博多乃(はかたの)どん子と再会し、京たちクラスメートは、こてこての博多弁で博多愛を炸裂させるどん子のペースに巻き込まれていく。どん子を演じるのは、岡田と同じく福岡出身で「女子高生ミスコン2017-2018」グランプリを獲得した福田愛依。『今日も嫌がらせ弁当』(6月28日公開)の塚本連平が演出を手掛ける。

――まずは、地元・福岡を舞台にした本作に出演された感想から聞かせてください。

こんなに早く自分の故郷である福岡のドラマに携われるとは思ってなかったので、本当に幸せです。だからこそ全力で撮影に取り組んでいるので、楽しみにしていてください。

――福岡出身ということで、博多でおすすめのスポットや郷土料理を教えてください。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月24日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。