温泉むすめ「Adhara 1st Live ~SEIRIOS~」レポート、彼女たちが魅せるAdharaの世界

温泉むすめ「Adhara 1st Live ~SEIRIOS~」レポート、彼女たちが魅せるAdharaの世界
温泉地の魅力を発信している地域活性クロスメディアプロジェクト『温泉むすめ』。本作に登場するグループ「Adhara」の1stライブが5月26日、東京・秋葉原P.A.R.M.Sにて開催された。同日2回行われた公演より、ここでは1回目の模様をお伝えする。

出演者は、田中美海(黒川姫楽役)、三上枝織(乳頭和役)、新田ひより(白骨朋依役)、吉田有里(こんぴら桃萌役)、野口瑠璃子(湯の川聖羅役)の5人。Adharaはさらに飯田里穂(花巻吹歌役)と西田望見(月岡来瑠碧)を加えた、7人組グループだ。
○■楽曲と朗読劇で紡がれるAdharaの世界

SPRiNGSとは真逆に位置する精密で無駄のないパフォーマンスを行うグループ。独特の世界観で観客を魅了する(公式サイトより)。

それがAdhara。今回の1stライブでは、『温泉むすめ』のメイングループであるSPRiNGSと真逆という“独特の世界観”が遺憾なく発揮され、集まったぽか旦那やぽか女将たち(『温泉むすめ』ファンの呼称)を魅了した。

開演前にはベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス ニ長調 作品123」より「Ⅰ.キリエ」がBGMとして流され、雰囲気を作り上げる。そして、ジャコモ・プッチーニの「歌に生き、愛に生き《トスカ》」にのせてオープニング映像が流れると、スクリーンに描かれた扉が開き「今宵の演目は、私たち自身の物語」との言葉とともにステージが幕を開けた。

まずは、新曲「星に集いし乙女の物語―プロローグ―」。黒と紫のゴシックな衣装に身を包んだ5人が奏でるメロディは荘厳かつ幻想的で、いきなりAdharaの世界にみんなを誘っていく。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月23日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「内山昂輝」のニュース

次に読みたい関連記事「内山昂輝」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「沼倉愛美」のニュース

次に読みたい関連記事「沼倉愛美」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新井里美」のニュース

次に読みたい関連記事「新井里美」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。