IoTからDoTへ広がるディスプレーの世界 - CITE2019で見た未来の姿

IoTからDoTへ広がるディスプレーの世界 - CITE2019で見た未来の姿
4月9~11日にかけて中国・深圳でアジア最大規模のエレクトロニクス/ITに関する展示会「CITE2019(第7回China Information Technology Expo)」が開催された。情報技術に関する様々な展示がなされ、中国のIT産業の全体像が良く判る。中でもディスプレー関連の展示が、テーマ館である1号館と新型ディスプレー館の2号館で行われ、中国の主要なセットメーカやパネルメーカが揃い、日本からはジャパンディスプレイ(JDI)やシャープ(鴻海ブース)、韓国からはLG Displayが出展して、大画面8K-TVからFoldable OLEDまで様々な最先端のディスプレー技術や製品を展示・デモを行った。

○折り畳みOLEDスマホに一気に参入する中国メーカ

もっとも参加者の目を引いたのが、大画面テレビやFoldable OLED(折りたたみ可能な有機EL)などの華やかな展示である。特に、今年になって注目を浴びている折り畳みスマホ用のFlexible OLEDパネルに関しては、中国のすべてのディスプレーパネルメーカが、対応するOLEDパネルの展示とデモを行った(図2)。Royole、Samsung、Huaweiが相次いで折り畳みスマホを発表し、さらには中国の多くのセットメーカからも折り畳みスマホ発表が予定されている。中国製スマホには中国製OLEDパネルの供給も噂されており、直近ではSamsungが搭載されるOLEDパネルの品質で発売を延期したのを横目に、中国製の折り畳みスマホが真っ先に市場に入り込んでくることも予想される。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月25日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。