コンデンサ不足でも困らない電源アプリ設計手法

コンデンサ不足でも困らない電源アプリ設計手法
○MLCCの品不足はいつまで続く?

多層セラミック・コンデンサ(MLCC)はますます不足しており、この状況は2020年まで続くと考えられます。MLCCは、信頼性が高く、かつ占有面積が小さいため、ほぼすべての種類の電子機器に使われており、デジタル化というキーワードの下、あらゆる機器の電子化が進む現在、そのニーズがさらに高まっているためです。

そうした状況を踏まえ、MLCCを供給するメーカー各社は生産量の増加に取り組んでいますが、依然として需要が供給を上回る見込みです。そのため、サプライチェーンでのこれらの部品の不足や価格上昇につながると考えられています。
○MLCCの使用を抑えるDC/DCコンバータの選択法

サプライチェーンが対応を進める一方で、電源アプリケーションの設計者としては、どのようにMLCCの供給リスクを抑えたらいいか悩んでいるかもしれません。この記事では、標準的な産業アプリケーション・レールに電源供給するいくつかの方法を検討し、MLCC不足が製品の製造に与える影響を最小限に抑えるために、適切なDC/DCコンバータを選択する方法を紹介します。

例として、12Vの標準入力電圧を3.3Vのレギュレータ出力に変換し、3Aの電流を供給できるようにすることを想定します。

これらのパラメータを使ってTIの降圧コンバータのクイック・サーチを行うと、選択肢として産業用アプリケーション向けのDC/DCコンバータの候補がいくつか表示されます。適切なソリューションなら、これらの条件でコンパクトなQFN(Quad Flat No-lead)パッケージの優れた熱特性と、90%近くまたはそれ以上の効率を発揮できます。しかし、適切な動作のために必要になるMLCCの数を具体的に考えると、考慮すべき重要な違いが見えてきます。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月26日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。