牧野由依、原点から最新曲まで網羅した充実のライブコンサート「What's UP!!!!」レポ

牧野由依、原点から最新曲まで網羅した充実のライブコンサート「What's UP!!!!」レポ
●ピアニストとして、シンガーとして、積み上げた魅力を一つひとつ発揮
声優・歌手・ピアニストの牧野由依によるライブコンサート“ポッカサッポロ 富良野ラベンダーティー Presents YUI MAKINO LIVE CONCERT「What's UP!!!!」”が6月1日・2日、東京・山野ホールにて開催された。

この時期恒例となったLIVE CONCERTは、今年は3月にリリースしたセレクトアルバム『UP!!!!』を引っ提げる形で開催。コンセプトごとに構成したブロックに、デビュー初期の曲から最新曲までを散りばめた公演をみせてくれた。本稿では、そのうち2日の公演の模様をお届けする。
○■スタートを飾ったのは、『UP!!!!』にも収められたピアニストとしてのはじまりの曲

ステージに白い幕がかけられたまま開演時間を迎えると、そこに逆光でピアノに向かう牧野のシルエットが浮かび上がる。そして、彼女が8歳のときに岩井俊二監督映画「Love Letter」にて劇伴ピアニストとして携わった「A WINTER STORY」を演奏。『UP!!!!』にも収録されたこの曲は、光の射し込むような、幕開けにふさわしい楽曲。それを演奏する今の姿をあえて直接的には見せないことで、彼女の原点を感じさせるという演出だ。

そしてクラッシュシンバルの音とともに幕が落ちて、ダンサーを従えての「Brand-new Sky」へ。凛とした顔つきで、『UP!!!!』で新録した〔UPDATE〕バージョンに乗せて、場内に全力で力強い歌声を飛ばしていく。さらに続けた「囁きは“Crescendo”」では、頭サビ後には「What’s UP?(牧野)」「Yeah!!!!(観客)」の応答も織り交ぜたり、1サビ後には笑顔で自らクラップすることで場内に観客の大きなクラップを巻き起こすなどして場内を巻き込んでいく。ドレス系ではなくパーカーとデニムという衣装も相まって、この曲ではその姿が特に自然体であるように感じられた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月25日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。