古川雄輝「犯人役を全力で演じたい」『殺人分析班』スピンオフ主演

古川雄輝「犯人役を全力で演じたい」『殺人分析班』スピンオフ主演
俳優・古川雄輝が、WOWOWの人気ドラマシリーズ『殺人分析班』のスピンオフとなる連続ドラマ『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』(10月放送予定)で主演を務めることが明らかになった。

『殺人分析班』シリーズは麻見和史著の原作を基に、『石の繭』(2015年)、『水晶の鼓動』(2016年)と過去に2回、同局でドラマ化。警視庁捜査一課の刑事・如月塔子(木村文乃)が、相棒であり上司の鷹野秀昭(青木崇高)をはじめとする捜査一課のメンバーとさまざまな猟奇殺人事件に立ち向かう本格クライムサスペンスとなっている。

モルタルで体を固めて殺すという手口が衝撃的だった殺人鬼"トレミー"こと八木沼雅人。シリーズ1作目『石の繭』で塔子らを脅かし、2作目『水晶の鼓動』では塔子ら警察のピンチを救い、シリーズで圧倒的人気を誇るアイコン的キャラクター。今回の作品は『石の繭』事件の直前にスポットを当て、ある殺人事件をきっかけに八木沼がトレミーへと変貌を遂げる姿を描くオリジナルのストーリーとなっている。

トレミーを演じる古川は「自分が演じた役をもう一度やれる喜び、そして、まさか犯人役で参加した作品で主役を務めることが出来ると思っていませんでした。スタッフの方々と『石の繭』の前日譚をやりたいと話していたことが、僕自身のWOWOW初主演作品として叶ったことをとても嬉しく思います。前作でお世話になった監督をはじめ、馴染みのあるスタッフの方々と作品作りが出来るのを楽しみにしています」とコメント。

そして「原作では描かれていない八木沼の心情や葛藤、猟奇的殺人犯"トレミー"を演じる上で想像するしかなかったバックグラウンドが今作で垣間見え、脚本を読んでいてとても面白かったです。過去の『殺人分析班』シリーズを見て下さったみなさまや、初めてこのシリーズをご覧になる方々の期待に応えられるよう、かつて役者として初めて演じた犯人役を全力で演じたいです。この作品を見て改めて『殺人分析班』シリーズをより一層楽しんでいただければと思います!」と意気込みを語っている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 古川雄輝 Instagram
  2. 古川雄輝 twitter
  3. 古川雄輝 ドラマ
古川雄輝のプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年7月1日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「古川雄輝 + 映画」のおすすめ記事

「古川雄輝 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「古川雄輝 + ドラマ」のおすすめ記事

「古川雄輝 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「林遣都」のニュース

次に読みたい関連記事「林遣都」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。