6月ドル/円相場は約0.3%下落、日米の金融政策に注目集まる

6月ドル/円相場は約0.3%下落、日米の金融政策に注目集まる
外為どっとコム総合研究所の神田卓也氏が2019年6月の為替相場レビューと、今後注目の経済指標やイベントをもとにした今後の相場展望をお届けする。
○【ドル/円 6月の推移】

6月のドル/円相場は106.777~108.797円のレンジで推移し、月間の終値ベースでは約0.3%下落(ドル安・円高)した。

前月に米中通商協議が決裂したことなどから世界経済の減速懸念が広がる中、トランプ米大統領がパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長による過去の利上げを繰り返して批判したこともあって、FRBが7月にも利下げに踏み切るとの見方が強まった。なおトランプ大統領は、年始に解任の選択肢を模索するよう法律顧問に指示していたとされる。こうした中、米連邦公開市場委員会(FOMC)は、実際に19日の声明や経済・金利見通しで政策スタンスを緩和方向にシフトした。

ドル/円は、米国とイランの対立が激化したこともあり、25日には1月3日以来の安値となる106.777円まで下値を切り下げた。ただ、その後は7月FOMCでの大幅利下げへの思惑が後退したことや、米中首脳会談(29日)での貿易戦争「休戦」への期待が広がったことから、一時108円台を回復するなど月末にかけて持ち直した。
○【ドル/円 7月の見通し】

市場の注目が集まっていた6月29日の米中首脳会談は、米国が対中追加関税(第4弾)の発動を見送り、協議の継続で両国が合意した。協議の先行きに不透明感は残るものの、「物別れ」という最悪のシナリオをひとまず回避したことで、関心は7月30-31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)に向かうことになりそうだ。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年7月1日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。