JR東日本「京浜東北線」ミニ車両も - 蒲田の教育訓練施設で開所式

JR東日本「京浜東北線」ミニ車両も - 蒲田の教育訓練施設で開所式
JR東日本東京支社は1日、新たな教育訓練施設「総合訓練センター 蒲田トレーニングセンター」の開所式を行った。東京支社の駅社員を対象に、実践的な安全教育・訓練を拡充し、異常時対応能力や安全に関する知識・技能を持った社員をさらに体系的に育成することを目的として開設されたという。

「総合訓練センター 蒲田トレーニングセンター」は大田運輸区敷地内(JR蒲田駅から南へ徒歩約10分)に開設され、敷地面積は約3,500平方メートル。実習棟の延床面積は約279平方メートル。訓練駅としてホーム2面の「大田駅」、ホーム1面の「志茂田駅」を設け、訓練線3線(190m×2線、80m×1線)と信号設備、踏切などを設置した。

「大田駅」は施設のある大田区にちなんだ駅名で、駅ナンバリングは「KTC01」。「志茂田駅」は旧地域名であり、現在も近隣の学校名などに使用される「志茂田」に由来した駅名で、駅ナンバリングは「KTC02」。訓練線には「荏原(えばら)線」の名称が付けられたとの説明もあった。

訓練車(ミニ車両)は特注品で2両製作され、京浜東北線の電車をイメージさせる外観に。車体幅と扉の大きさはJR東日本の実車とほぼ同一とされ、訓練車に乗車した駅社員が運転席からの視界を把握できるように工夫している。この車両は動力車操縦者の免許がなくても運転でき、充電式バッテリーで走る。訓練線を走行する際の速度は約10km/h。入換作業や救援列車などで連結・切離しが行われることを想定し、訓練車には自動連結器が取り付けられ、2両連結しての走行も可能となっている。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年7月1日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら