業績回復中のDynabook、新たなサービスと事業戦略を発表 - dynabook Day 2019から

業績回復中のDynabook、新たなサービスと事業戦略を発表 - dynabook Day 2019から
Dynabook株式会社は7月9日、プライベートイベント「dynabook Day 2019」を開催。そこで新たなサービス事業戦略を発表しました。「コンピューティングとサービスを通じて世界を変える」をテーマに、PCとサービスの両軸で事業を拡大していく考えです。東芝グループからシャープグループとなった同社、業績の復調傾向が続いており、2021年度中の株式上場も視野に入れています。

Dynabookのロードマップ


2019年1月1日に社名をDynabook株式会社にあらため(旧:東芝クライアントソリューション株式会社)、新たな出発を果たしたばかりのDynabook。今後のロードマップについて、Dynabook 代表取締役社長兼CEOの覚道清文氏は、「先進的でスマートなユーザー価値を具現化するブランドとして、dynabookをこれからも大切に育ててまいります」と語ります。覚道氏が、事業拡大の原動力になる施策として掲げたのは「dynabook as a Computing」と「dynabook as a Service」です。

dynabook as a Computingでは、人に寄り添う、社会に貢献する真のコンピューティングを目指した製品を提供していきます。多様化した昨今のIT環境に、タッチ対応、2in1モバイル、LTE対応モデルといった多彩なハードウェアを投入していく方針です。

覚道氏は、dynabookシリーズの原点が1985年に発表した世界初のラップトップPC「T1100」にあり、また1989年に現在のクラムシェル型PCの原点ともいえる

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年7月10日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら