マイクロソフト、7月セキュリティ更新プログラム公開

マイクロソフト、7月セキュリティ更新プログラム公開
日本マイクロソフトは7月10日、2019年7月のセキュリティ更新プログラムを公開した。JPCERT/CCは、対象の脆弱性を悪用された場合、リモートからの攻撃により任意のコードが実行されるおそれがあると注意を呼び掛けている。

更新プログラムが公開されたソフトウェアは、以下の通り。

Internet Explorer
Microsoft Edge
Microsoft Windows
Microsoft Office、Microsoft Office Servers および Web Apps
Azure DevOps
Open Source Software
.NET Framework
Azure
SQL Server
ASP.NET
Visual Studio
Microsoft Exchange Server

深刻度が「緊急」に分類される脆弱性を抱えているのは、Windows 10 v1903/v1809/v1803/v1709/v1703、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Server Core インストール(v2019/v2016/v1903/v1803/v1709)、Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008、Internet Explorer、Microsoft .NET Framework、Microsoft Visual Studio、Azure DevOps Server 2019.0.1およびTeam Foundation Server、ChakraCore。

2019年6月の定例リリースに公開されたWindowsのセキュリティ更新プログラムを適用後に確認されていた、イベント ビューワーがエラーで開かない問題に対する修正は、今月のセキュリティ更新プログラムに含まれている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年7月10日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。