Microsoft Edge開発版、IEモードが利用可能に

Microsoft Edge開発版、IEモードが利用可能に
Microsoftが開発を進めているWebブラウザ「Microsoft Edge Dev」において、Webページの表示にInternet Explorerを利用する機能が利用できるようになった。デフォルトでは無効だが、有効に切り替えれば機能する。MicrosoftはGoogle Chromeの技術をベースにしたMicrosoft Edgeの開発を進めている。この新たなWebブラウザにはInternet Explorerのレンダリングモードが導入されることも発表されており、Dev版でその機能が利用できるようになった。

IEモードを有効化するには、edge://flagsで実験的機能を表示させ、「Enable IE Integration」の項目を「IE Mode」に変更する。ページ下に「Relaunch Now」というボタンが表示されるので、このボタンを押す。

機能を有効にすると、メニューから「More tools」→「Show this page using Internet Explorer」を選択できるようになる。

「Show this page using Internet Explorer」を選択した後は、次のようにアドレスバーの左側にInternet Eplorerのアイコンが表示される。Internet Explorerモードで閲覧していることがこのアイコンによって示されている。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月11日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。