工場向けIoTで機器の稼働率を向上 - 埼玉県のトーメックス

工場向けIoTで機器の稼働率を向上 - 埼玉県のトーメックス
●自動運転中の緊急停止を検知して対応負荷の軽減を目指す
NTT東日本が、中小企業向けに2018年11月にリリースした「工場向けIoTパッケージ」の開発にあたって、1年間行われたトライアルに参加した2社うちの1社が埼玉県川口市で板金加工及び塗装を専門とするトーメックスだ。

同社は1955年創業した塗装会社である友栄塗装の設備部門として、1968年に発足。現在は埼玉県の本社以外に茨城県と福島県にも拠点を展開している。主に金属建材、店舗什器、自動車部品等を手がけるが、市場ニーズに合わせて少量多品種に対応しているという。

NTT東日本が提供する「工場向けIoTパッケージ」は、工場に設置されている製造機器の異常を検知するためのもので、パトライトの信号と監視カメラによって検知する。パッケージは、センサー装置やネットワークカメラなどのIoTデバイスと、データ可視化用のIoTクラウド、IoTセキュリティ、IoTゲートウェイであるWi-Fiに加え、それらの運用サポートをセットにしたもの。

「経費の中で一番高いのは人件費です。そこで、保有する機器の中でも24時間無人で動かすことができる機種で使ってみることにしました。止まっている無駄な時間を減らしたいというのが機器選定のポイントです」と語るのは、トーメックス 営業部 課長 滝沢康生氏だ。

IoTパッケージが適用されたのは、複合機であるMOTORUM-2048HYBRID。利用にあたってはパトライト製の稼働状況監視・通知を行う信号灯が必要だが、これは元々取り付けてあった機器だという。これに、信号データをWi-Fiを通じてクラウドに送信するセンサーなどを追加し、監視カメラと組み合わせて稼働状況の監視や停止時の通知を実現する。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年7月17日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。