Googleが買収したデータ分析のLooker、事業戦略を説明

Googleが買収したデータ分析のLooker、事業戦略を説明
データ分析プラットフォームを提供するLookerがこのほど、事業戦略説明会を開催した。日本法人は2018年9月に設立されたが、今回初めて日本の報道関係者に対し、事業概要と国内のビジネス戦略についての説明が行われた。

初めに、米Looker最高製品責任者のニック・コールドウェル氏が同社の事業について説明した。同氏は「われわれは企業においてデータを使うすべての従業員に活用してもらうことをミッションとしており、そのための独自のアーキテクチャを持っている」と話した。

Lookerは独自のデータベースを持つのではなく、顧客が利用しているデータベースやデータウェアハウス(DWH)に接続することを前提とし、企業が利用するデータを一元管理し、データ分析と可視化を行う。

独自のデジタルマーケティングアナリティクス・ツール、Web分析ツール、セールス分析ツール(ベータ版)を備えており、データ分析が容易に行える。

コールドウェル氏は「BIはすべてのデータをカバーする統一された信頼性の高い包括的なビューに回帰する必要があり、最新のデータエコシステムに対応するには、新しいアーキテクチャが必要。さらに、いつでもどこでもインサイトを提供することが求められている」と述べ、BIの将来はデータプラットフォームであるとアピールした。

国内の事業戦略については、ジャパンカントリーマネージャーの小澤正治氏が説明した。Lookerは2018年9月に国内での事業を開始した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年7月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。