Appleが描くコンピュータの未来 - 松村太郎のApple深読み・先読み

Appleが描くコンピュータの未来 - 松村太郎のApple深読み・先読み
Appleは今回のWWDC19で、Appleとしてのコンピュータの最高峰となるMac Proを披露した。同時に、iPadをよりコンピュータらしく使うことを目的に、iOSからiPadOSを独立させた。

これによって、Appleのコンピューティングの基本は、300ドルから1,000ドル以下で5種類をラインアップするiPadが核となった。同時に、Macについては、1,000ドル以上でより自由に発展させる道筋がついたことになる。

そうしたiPadを主体としたコンピューティングの再構築と、Macをより自由に飛躍させるアイディアから、Appleのコンピュータの近い将来像を予測してみた。

自社チップやFace IDでWindows PCと差異化


Macについては、やはりWindows PCとの違いをいかに際立たせるかが重要となる。その手法としては、Appleの自社チップがキーとなる。

現在、A10に近い性能を持つT2チップが新しい世代のMacに採用されているが、このチップが進化していくことで、今後ニューラルエンジンを備え、機械学習処理を担うようになることも考えられる。例えば、A12 BionicをベースとするTシリーズのチップが作られれば、秒間5兆回の機械学習処理を実現するニューラルエンジンが手に入る。

このことは、ディスプレイ付きのMacを中心として、iPad ProのようにFace IDを備えることは既定路線といえるのだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年7月19日のIT記事
「Appleが描くコンピュータの未来 - 松村太郎のApple深読み・先読み」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    現実的な未来だけじゃなく、手首に装着して空中に8インチ程度の3点交差式光学投影ディスプレイを備えたPCを30年後までに製品化しますぐらい言ってください。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。