米中貿易摩擦の半導体産業への影響は? - IHSの南川明氏が読み解く 第2回 Huawei制裁の半導体・電子デバイス・スマホ業界への影響は?

米中貿易摩擦の半導体産業への影響は? - IHSの南川明氏が読み解く 第2回 Huawei制裁の半導体・電子デバイス・スマホ業界への影響は?
南川氏は、「これからは、米中貿易摩擦で最も注目されており、影響の大きな制裁対象であるHuaweiに絞って話を進める」として、Huaweiの長所と短所ならびに今後の半導体産業への影響について以下のように話した。

Huaweiの長所


モバイルネットワーク事業世界No.1
迅速な新規製品開発、ビジネス展開
中国市場における強い基盤
企業規模の巨大さ
グローバルなカバレッジ(ただし北米を除く)
優れたアプリ設計機能

Huaweiの短所


貿易戦争(アメリカ政府の対中政策)の渦中にいる点
北米事業が欠如している点
主要コンポーネントを海外から購入している点

Huaweiの現状


Huaweiは、世界のスマートフォン(スマホ)市場でもっとも急成長しているOEMの1つであり、2015年に出荷台数は1億台を超え、その3年後には2億台を突破した。結果として、同社は2018年のスマホ出荷台数の14.6%を占め、年間で初めてAppleを抜いて2位に躍り出た。

2019年第1四半期も前年同期比50%増の5910万台を出荷したが、前年同期比で大幅なプラス成長を記録したのは、大手スマホサプライヤの中でがHuaweiだけだった。Huaweiは、日本で言えばソニーのような存在で、多くの人がHuawei以外の中国ブランドへ乗り換えようとはしないようである。

Huaweiは基地局で32%、バックホール機器でも32%の世界シェアを持っており5Gでは4割以上のシェアを取る勢いで、米国にとっては脅威である。Huaweiの子会社であるHiSiliconはスマホ向けプロセッサ「Kirin」を設計しているが、その性能は世界トップクラスであり、これも米国の脅威となっている。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年7月18日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。