依然と導入が進まないテレワーク、普及を阻む4つの壁とは?

依然と導入が進まないテレワーク、普及を阻む4つの壁とは?

働き方改革を進めるには、企業文化と経営者の意識改革がカギ


ヴイエムウェアは7月17日、7月22日から始まる「テレワーク・デイズ2019」を前に、柔軟な働き方の現状と課題を考察するワークスタイル・イノベーションに関するプレスセミナーを開催した。

初めに、代表取締役社長のジョン・ロバートソン氏が同社における柔軟な働き方に向けた取り組みについて説明した。

ロバートソン氏は「当社では以前、VDI、アプリケーション管理、デバイス管理など、リモートワークを実現する製品を提供していながら、従業員が夜遅くまで働き、有給休暇の取得率が低いという状況にあった。そこで2017年、すべての社員を対象に柔軟に仕事ができる環境を提供し、生産性の向上とワークライフバランスの充実を促進させる仕組みとして、Work@Anywhereを開始した」と説明した。

Work@Anywhereの実施に伴い、社内会議を減らし、水曜日は「ノー残業デー」とした。また、マネージャーに対しては、部下の有給休暇の取得状況を把握するよう指示した。これらの施策によって、同社は変わったという。

「今では軽井沢に住みながら務めている従業員もいる」とジョンソン氏。Work@Anywhereが始まってから約3年になるが、売上は倍増しているうえ、社内のモチベーションも上がっているそうだ。

ジョンソン氏は同社が柔軟な働き方を実現することで、その有効性を国内の顧客に示していきたいと話した。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年7月18日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。