知らない人からの電子メールを気にしていますか? - Palo Alto Networks blog

知らない人からの電子メールを気にしていますか? -  Palo Alto Networks blog
米国人の66%は「自分の情報を損失しないためにできることすべてをやっている」と考えるが、「知らない人からの電子メールを受け取った時に送り主が誰かを確認する」という人は27%にとどまる。それが攻撃者にとって最も重要な手法のひとつであるにも関わらず。と米Palo Alto Networksは公式ブログで英YouGovとともに行ったオンライン調査から浮かび上がる傾向を紹介している。セキュリティのベストプラクティスを知りたいと思っているユーザーは多いが、現在でもインターネット上の安全とは何を意味するのかを正しく理解されておらず、サイバーセキュリティへの教育が重要
だと改めて促している。

Palo Alto Networksはこの調査で、YouGovとDr. Jessica Barker博士の協力を得ている。 Barker博士はサイバーセキュリティにおける人間の本性を研究する専門家で、調査では1,300人の米国の成人に、サイバーセキュリティに関連した人の行動について探っている。多くの消費者は自分たちは安全のためにできることを全てやっていると思っている一方で、セキュリティの知識がないことがわかった。この不一致から、消費者を安全にし、そして啓蒙するという点で、企業がやるべきことはたくさんあると指摘する。

責任と行動のギャップ
62%の米国人が自分のデータの責任は自分にあると思っている。しかし、悪意あると思うリンクが入ったメールを受信した時の最初のリアクションとして「スキャンをする」という人はわずか24%にとどまった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年7月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「セキュリティ」のニュース

次に読みたい関連記事「セキュリティ」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。