50m走で算数を学ぶ!「東京2020算数ドリル」陸上競技実践学習会

50m走で算数を学ぶ!「東京2020算数ドリル」陸上競技実践学習会
東京2020組織委員会は7月18日、東京都葛飾区立川端小学校にて、東京2020大会の競技から算数を学ぶ「東京2020算数ドリル」の陸上競技実践学習会を開催した。

学習会には、2000年シドニー五輪女子マラソン金メダリストであり東京2020アスリート委員会委員長も務める高橋尚子さん、2008年北京五輪400mリレー銀メダリストの塚原直貴さんも参加。子どもたちと実践を交えながら、「速さ」の計算方法について学びを深めた。

東京2020大会の全55競技を取り入れた「東京2020 算数ドリル」は、A巻ではオリンピック競技、B巻ではパラリンピック競技に関連した問題を掲載。2019年度には東京都内の全公立小学校1,273校の小学6年生(約10万人)に配布されたほか、現在までに静岡県、山形県村山市、千葉県市川市、鹿児島県指宿市、三重県鈴鹿市でも活用されることが決定している。

高橋尚子さん、塚原直貴さんが先生に


実践学習会に参加したのは、川端小学校6年1組、2組の児童61名。授業はまず座学からスタートし、東京2020算数ドリルにある「道のりの求め方」をもとに、問題の解き方を学んだ。この秒速の求め方が、これから先の実践授業で利用される。

秒速の計算を復習した後は校庭に移動。メダルをつけて登場した高橋尚子さん、塚原直貴さんを子どもたちは大きな拍手で迎えた。

今回の授業の問題は「50m走でオリンピックメダリストの塚原直貴さんと同時にフィニッシュするには、自分はスタートラインより何m先から走り始めればよいか」。塚原さんはさっそく、今回の問題にもなっている50mを実際に走り、5.85秒という記録を叩き出した。世界レベルのスピードを体験したところで、次に子どもたちの測定がスタート。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年7月22日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。