節約の夏!? 夏休みに使うお金、過去最低の68,071円に

節約の夏!? 夏休みに使うお金、過去最低の68,071円に
明治安田生命保険はこのほど、夏に関するアンケート調査の結果を発表した。調査期間は2019年6月17~24日、有効回答は20~70代の個人1,680人。

「夏休みに使うお金」を尋ねたところ、全体の平均額は前年比15,743円減の68,071円となり、調査を開始した2006年以降で最低額を記録した。男女別にみると、男性の平均額は同4,028円減の72,845円となった一方、女性は同27,457円減の63,298円と大幅減少し、女性の方が節約意識は強いことがわかった。

夏休みに使うお金を減らす理由は、1位「今後の出費予定に備えるため」(34.6%)、2位「預貯金に回すため」(31.4%)、3位「消費増税が控えているため」(29.6%)。年代別にみると、2位の「預貯金に回すため」の割合は20~30代で高くなっており、特に若い世代で貯蓄志向が強いことが明らかになった。

同社チーフエコノミストの小玉祐一氏は、「老後の資金問題」が話題になり、「中長期的な貯蓄への意識が高まっている可能性も挙げられる」と分析している。

夏休みの日数については、理想は「15.6日間」、現実は「8.1日間」と、理想と現実の間には約1週間のギャップがみられた。夏休みの日数の増減を調べると、82.6%が「変わらない」と回答し、「増える」は10.0%にとどまった。

同調査では「『働き方改革』により、企業の間でも『ワーク・ライフ・バランス』を意識した取組みが進んでいるが、夏休みへの影響はまだまだ限定的のようだ」と分析している。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年7月22日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。