土用の丑の日は「うな串 焼き鳥 う福」の特別メニュー『幸う福重』で幸せ気分

土用の丑の日は「うな串 焼き鳥 う福」の特別メニュー『幸う福重』で幸せ気分
ようやく梅雨も明けそうで、いよいよ本格的に暑い季節が到来。となると、精力的に働くビジネスマンがエネルギー補給に食べたくなるのが「うなぎ」ではないだろうか?そこで、来る7月27日の「土用の丑の日」に1日限定の特別なうな重を提供するという「うな串 焼き鳥 う福」の八丁堀店で、ひと足お先にうなぎをいただいてきた。

地元客や近隣サラリーマンでにぎわう鰻店


「うな串 焼鳥 う福 八丁堀」は、2018年4月にオープン。高級で敷居が高いイメージのあるうなぎ料理を、もっと身近に感じながら食べて欲しいという思いから生まれた「うな串」など、創意工夫を凝らしたメニューで人気のお店。周辺で働く会社員だけでなく、ご近所のお住いの人々が多く来店しており、オープン以来大変好評のようだ。

今回ご紹介するのは、7月27日"土用の丑の日"の1日限りで提供される特別メニュー「幸う福重(こうふくじゅう)」(税別2,980円)。タレで焼いたうなぎの蒲焼と、白焼きを乗せた贅沢なお重で、見た目にも豪華で思わずゴクリ。白焼きの方は、特別メニューということで、日本酒に梅干等を入れて煮詰めた「煎り酒」で味付けして焼き上げているという。

早速食べてみると、パリッとした皮の食感と、ふわふわな身のコントラストがたまらない。ほんのりとした梅の香りもあって、思わずうっとりするぐらい美味い。ご飯には、夏の風物詩である枝豆に茎わさびを絡ませたものと、錦糸卵が敷き詰められているのが特長的。食べ進めるうちに、枝豆の食感と茎わさびがほどよいアクセントになって、しつこくなくさっぱり食べることができる。蒲焼の方もふっくらした身とタレの甘さが絶妙で、香ばしさも手伝ってさらに食欲を増進させる。思わずごはんと一緒にかき込むように食べてしまった。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月24日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。