ダーク・エネルギーの謎に迫れ! ロシアの宇宙望遠鏡「スペクトルRG」の挑戦

ダーク・エネルギーの謎に迫れ! ロシアの宇宙望遠鏡「スペクトルRG」の挑戦
●ロシアとドイツが協同で描く、史上最も精密なX線の宇宙地図
ロシア国営宇宙企業ロスコスモスは2019年7月13日、X線宇宙望遠鏡「スペクトルRG」を搭載した、プロトンMロケットの打ち上げに成功した。

ロシアとドイツが共同で開発したスペクトルRGは、これまでにないほど詳細なX線の宇宙地図を作ることを目指しており、またブラックホールや中性子星、銀河団なども観測し、さらにダーク・マターやダーク・エネルギーの謎にも迫ろうとしている。

スペクトルRGを載せたプロトンM/ブロークDM-03は、日本時間7月13日21時31分(現地時間15時31分)、カザフスタン共和国にあるバイコヌール宇宙基地の81/24発射台から離昇した。

ロケットは順調に飛行し、離昇から約2時間後にスペクトルRGを分離して軌道に投入。打ち上げは成功した。

スペクトルRGはその後、地上との通信を確立し、太陽電池パドルやヒート・シールドなどの展開も成功。このあと、全天の観測に適した太陽・地球系のラグランジュ2点まで飛行し、観測を開始する。この軌道は地球から約150万km離れているため、観測機器の試験などを行いつつ、約100日間かけて航行する。

スペクトルRGが挑む謎


「スペクトルRG(Spektr-RG)」は、ロシアのロシア科学アカデミー宇宙科学研究所(IKI)と、ドイツのマックス・プランク地球外物理学研究所(MPE)が共同開発したX線宇宙望遠鏡である。製造はロシアの航空宇宙企業ラーヴォチュキンが手がけた。打ち上げ時の質量は2647kg、運用期間は7.5年を予定している。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年7月24日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら