東京2020で「能楽」「狂言」祭典 - ICTを活用した新時代の能楽へ

東京2020で「能楽」「狂言」祭典 - ICTを活用した新時代の能楽へ
各流の能楽師らによって構成される能楽協会と日本能楽会は7月31日、東京2020 NIPPONフェスティバル共催プログラムとして、「東京オリンピック・パラリンピック能楽祭」を開催することを発表した。

12日間行われる公演では、視覚・聴覚障害者や訪日外国人、児童らも楽しめるよう、ICT(情報通信技術)も活用しつつ能楽の魅力を発信していくという。

オリンピックはスポーツの祭典であると同時に「文化の祭典」


1964年の東京オリンピック大会で10日間にわたって行われた「オリンピック能楽祭」が、56年の時を経て東京2020で再び開催される。能楽協会と日本能楽会は、過去に負けない規模の能楽祭を実現すべく、手を取り合って5年ほど前から能楽祭に向けて動きつつ、バリアフリー化などさまざまな試みを行ってきたという。

会見では、能楽作品のひとつである「船弁慶」の仕舞も行われ、厳粛とした空気の中、能の持つ幽玄の世界の一端を感じることができた。

能楽協会の観世銕之丞(かんぜ てつのじょう)理事長は「オリンピックはスポーツの祭典であると同時に、文化の祭典でもあります。普段ご覧にならない方や海外の方も能楽に触れられるよう、気持ちを込めてきました。日本のユニークな文化であるところの能、狂言を盛り上げて次の世代につなげていきたいと思います」と、オリンピック能楽祭への想いを語る。

日本能楽会の粟谷能夫会長は「実は私も前回のオリンピックで楽屋働きとして参加しました。その当時は西洋文化が押し寄せており、日本文化が下火になっていましたが、オリンピックを機会に日本の文化を再発見しようという機運で、若いお客様がたくさんいました。今回も若い人にアピールしていかなければならないなと思います」と1964年大会を振り返った。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月5日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。