「孤独死保険」って何? FPが解説

「孤独死保険」って何? FPが解説
みなさんは、「孤独死保険」という保険をご存知でしょうか。アパートなどで、誰にも看取られずに「孤独死」をしてしまうと、思った以上にお金がかかるケースがあります。今回は、孤独死の現状と、孤独死保険の内容について、一緒に確認していきましょう。

「孤独死保険」が広がる背景


「孤独死」とは、病気や自殺などの理由により、自宅などで人が独りで亡くなってしまう状態のことを指します。一般的に、孤独死は一人暮らしの高齢者の方だけの問題と考えている方も多いかもしれませんが、実際のところ、若い世代の方にも起こる可能性がある社会的な問題です。

最新のデータ(※)によると、孤独死の死亡時の平均年齢は、男性が61.4歳、女性が61.0歳となっています。また、高齢者に満たない60歳未満が占める孤独死の割合は、男女ともに4割を占めており、現役世代の方々も決して無視できない問題となっているのです。

孤独死保険は、人が孤独死をしてしまった場合に生じる損害や、さまざまな必要経費を補償するために誕生した「ミニ保険」です。核家族化が進む日本では、孤独死が大きな社会問題になると同時に、孤独死保険へのニーズが高まっていると考えられます。次に、孤独死保険の具体的な種類について、確認していきましょう。

孤独死保険の種類


孤独死保険は、大きく2つの種類に分けることができます。

1つ目は、大家さんなど、アパートやマンションを人に貸している方が、住んでいる方が孤独死をしてしまった場合に備えて加入するものです。前述のデータ(※)によると、孤独死をしてしまった人が発見されるまでの平均日数は17日となっており、特に夏場などは、遺体の損傷が激しい場合もあります。大家さんは、床を張り替えたり、壁紙を取り替えたりと、部屋の修繕費が必要となったり、その期間の家賃収入がなくなることに備えて、孤独死保険に加入するのです。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年8月11日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。