オールシーズンタイヤの燃費と乗り心地は? 東京~岡山の帰省で検証

オールシーズンタイヤの燃費と乗り心地は? 東京~岡山の帰省で検証
地域にもよるが、日本では冬に備えてクルマのタイヤを「スタッドレスタイヤ」に履き替えるのが一般的だ。ただ、履いていない4本のタイヤを保管しておくのは場所を取るし、そもそもタイヤ交換が面倒だと感じている方も多いのではないだろうか。そこで、選択肢に入れたいのが「オールシーズンタイヤ」だ。今回、お盆に合わせて東京から岡山に帰省することになったので、愛車のメルセデス・ベンツ「S124」にオールシーズンタイヤを装着し、乗り心地と燃費を試してみた。

メルセデス・ベンツ「S124」で岡山へ


ちょっと古いベンツにオールシーズンタイヤを装着し、ロングドライブに挑戦。これが今年の夏休みの宿題だ。

筆者が所有するのは、「ヤングクラシック世代」といわれる「S124」型のメルセデス・ベンツ。型式としては「E220 ステーションワゴン」というクルマだ。1995年製の最終モデルではあるが、製造からはすでに24年の歳月が経過している。現在の走行距離は約14万5,000キロ。ちなみに、124型が世にデビューした1985年には、Eクラスではなく「ミディアムクラス」と呼ばれていた。

124型はメルセデス・ベンツが「最善か無か」という崇高な哲学のもとに製造を開始し、約11年の製造期間で221万台以上を生産した人気車種だ。凹凸がなく滑らかなフラッシュサーフェスボディは、当時としては異例のCd値(空気抵抗)0.29を達成。ワンアームワイパーや中期型から装着されたサッコプレート(車体下部をカバーする樹脂製プレート)なども、このクルマの特徴だ。ステーションワゴン「S124」のリアは広大なラゲッジスペースとなっていて、格納されているシートを引き出せば最大7人の乗車定員が確保できる。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月22日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。