Galaxy S10 / S10+レビュー - ドヤれる機能の多さがポイント

Galaxy S10 / S10+レビュー - ドヤれる機能の多さがポイント

完成度高め Galaxy Sシリーズ10周年モデル


グローバルでは「Galaxy Note 10」が発表になり、改めて「Galaxyが気になってきた!」という人も多いことと思います。

筆者は日本での発売前にグローバル版の「Galaxy S10+」を、発売後にはドコモ版の「Galaxy S10 SCV41」を使用してきました。「10」が付く名前からピンときた人もいるでしょうか。「Galaxy S10/S10+」は「Galaxy S」シリーズの10周年モデルにあたり、それだけにとにかく完成度が高い! ハイエンドなスマートフォンゆえにもちろん安い買い物ではありませんが(S10で総額89,424円、S10+で101,088円。いずれもドコモオンラインショップ税込価格、24回払い時)、買って後悔することの少ない一台だと思います。

ディスプレイがきれいで、大きく見やすいのに持ちやすいとか、最新チップセット&たっぷりメモリーで、操作がサックサクとか、3眼カメラ搭載でワイドもズームもばっちり撮れる等々……。基本性能が充実しているのももちろん後悔しない理由のひとつですが、筆者の推しポイントは「他機種に比べてドヤれる機能が多い」こと。つまり自慢できるスマホだということです。

Galaxy S10、どこがドヤれる?


自慢できるポイントの1つは、たとえばディスプレイ。明るく色鮮やかな6インチ超え(S10は約6.1インチ、S10+は約6.4インチ)の有機ELディスプレイは、ハイエンドモデルならもはや珍しくありませんが、「Galaxy S10」シリーズに採用されているのは、インカメラ部分を切り欠いたいわゆるノッチ型ではなく、パンチホール型のディスプレイ。ノッチ型に比べると見た目にもスマートですし、ディスプレイが広々しています。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年8月21日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。