ソニー「FE 35mm F1.8」レビュー、強気な価格? それでも買い!

ソニー「FE 35mm F1.8」レビュー、強気な価格? それでも買い!
●貴重な存在のレンズ
ソニーのEマウントレンズとして、開放F値1.8・焦点距離35mmの単焦点モデル「FE 35mm F1.8(SEL35F18F)」が登場しました。「G-Master」や「G」ではない無印ブランドですが、既存の「SEL50F18F」(焦点距離50mm)や「SEL85F18」(焦点距離85mm)と同様に、被写界深度の浅い写真表現をリーズナブルかつコンパクト楽しめるレンズとして貴重な存在です。

また、10万円以上の高価なレンズを除けば、ソニーのFEレンズのラインナップには、35mmより広角域の単焦点レンズは開放F値が2.8の製品しかなかっただけに、「ようやく欠けていたピースが埋まった」という印象も受けます。最短撮影距離0.22m、最大撮影倍率0.24倍という、近接撮影能力もうれしいところです。その実力をチェックしていきましょう。

フルサイズの表現力を持ち運べる280gの軽量コンパクトサイズ


魅力の1つは軽量でコンパクトなこと。最大径65.6mm×長さ73mm、フィルター径が55mm、重量は280gです。SEL35F28F(61.5×36.5mm/120g)と比べるとそれでもまだ大きいのですが、α7IIIのボディと合わせても930gと1kgを下回りますし、ギリギリ「コンパクト」といえる許容範囲でしょう。

以後すべての作例は、特に記載がない場合、ボディがα7III、絞り優先AE、オートWBで撮影しています。JPEG(スタンダード)での出力画像をAdobe Photoshop CCで読み込み、そのまま「品質90」「色空間sRGB」で出力しています。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年8月25日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。